「どのように思い浮かぶのか」を学ぶ

数学の応用・発展レベルに対して、

解法アイデアの解説を受け理解しただけでは

テスト時に充分には対応できません。

 

そのアイデアがどういった発想のもとに成り立っているのか、

どのようなアプローチを取ると思い浮かぶのか、を知り、

自ら解法を閃く力を得ることが大切です。

 

ガロア数学塾の授業では

解法の発見過程を体験し、

自ら解き直すことで追体験することにより、

初見の問題への対応力が養われています。

 

=================================

メールでのお問い合わせ
garoamath@yahoo.co.jp

お電話でのお問い合わせ
045-718-5519

最近のコメント