「覚える」前に「分かる」ことが大切です

定理は覚えるものではありません。

 

どのようなことが

どのような考えで

どのように導かれたのか

しっかり捉える。

 

そのようにして「分かった」事柄は

自然と身に付き、自由に活用できるのです。

 

しかも、決して忘れません。

 

少しだけ遠回りして

強固な基盤を築きましょう。

 

=================================

メールでのお問い合わせ
garoamath@yahoo.co.jp

お電話でのお問い合わせ
045-718-5519