考えることに耐える

継続的に学習へ取り組むためには「考えることへの忍耐力」が必要です。

取り組んだ際には色々思い出したり考えたりしなければなりません。

それを億劫に感じ、手をつけるキッカケを掴めない子が多くいます。

 

思い出せないときのストレス

考えが思い付かないときのストレス

それが頭をよぎり、学習を遠ざけているのです。

 

考えることに耐える

考えてそれを達成する

それを授業内で経験してもらうこと。

 

どの程度考えればよいのか

どの程度思い出そうとすればよいのか

「先」が見えるようにすること。

 

考えることに楽しさを見出すのは個人差があります。

考えた先に何があるのかを体験する。

それが「耐える意欲」につながります。

 

=================================

メールでのお問い合わせ
garoamath@yahoo.co.jp

お電話でのお問い合わせ
045-718-5519

最近のコメント