「分かる」ために「分ける」

類似点を見いだし

相違点を見つけて

分類する。

 

そのように

人間は物事を認識しています。

 

覚えることを主としてはいけません。

 

覚える作業にしても

上記した分類過程を経ていなければ

それを使いこなせません。

しかも、すぐに忘れてしまいます。

 

「分ける」は「分かる」の第一歩です。

 

=================================

メールでのお問い合わせ
garoamath@yahoo.co.jp

お電話でのお問い合わせ
045-718-5519