2019年 2月

宿題には、学習事項の定着、演習対応力向上、といった意図がありますが、

その前の段階として「学習習慣の確立」が挙げられます。

特に低学年にとって、そのことが大きな課題となっている生徒は多く見られます。

 

ガロア数学塾では学習習慣確立の第一段階として、宿題の時間を設定し、それを優先しています。

まず1日15分。

たとえ指定された箇所が終わらなくても、時間が過ぎたら止めてよい、としています。

そうすると不思議なもので、時間内に終わらなかったとき、自ら延長してでも指定箇所をやろうとする子がいます。

学習の面白さに気付いた、とまではいかないのかも知れませんが、学習の「波に乗った」状態になり、そのまま終えることを惜しく思うようです。

 

「如何に机に着くか」ということが肝心であり、一旦始めてしまえばある程度は苦も無く学習できるものです。

 

その後時間を徐々に増やしていき、理想的な学習習慣の確立を図ります。

 

宿題を終える、という達成感。

それを得ることによって、学習以外の面でも充実した毎日を過ごして欲しい、と願っています。

 

=================================

メールでのお問い合わせ
garoamath@yahoo.co.jp

お電話でのお問い合わせ
045-718-5519

学習内容の習得には、テンポが肝心です。
 

進度のテンポ、

説明のテンポ、

問題を解くテンポ、

レベルアップのテンポ、

等々。

 

ガロア数学塾は、

それぞれの生徒にとって最適のテンポを見極め

効率良く学べる環境を整えています。

 

=================================

メールでのお問い合わせ
garoamath@yahoo.co.jp

お電話でのお問い合わせ
045-718-5519

最近のコメント