2016年 7月

複雑な計算では、

今何処をやっているのか、

何を保留して進めているのか、

それらをまとめた先はどうする予定なのか、

等、様々な気配りを持って行わなければなりません。

 

又、暗算するか筆算するかの判断、

筆算を書き込む箇所の配置構成、

も要領良く確実に解くためには必要です。

 

答案を書く際にも、

設問に応じた答え、

記号の意味・式の内容の規則を守った書き方、

といった、言語・表現の深い理解を要します。

 

単にそれぞれの計算技術を習得しただけでは間に合わない要素が沢山あるのです。

 

どのような順序で、どのような間(ま)で、どのような配分で、進めているのか。

問題を解き、解答を合わせて、という作業では見えない、「経過」を見ること。

ガロア数学塾では、解答に書かれた「結果」ではなく、

書いている「様子」を注意深く見守り、

その場で修正しながら「真の実力」を養っています。

 

=================================

メールでのお問い合わせ
garoamath@yahoo.co.jp

お電話でのお問い合わせ
045-718-5519

間違えていても

即座に指摘したり訂正したり

しません。

 

どのように考えたのか

を述べるよう求めます。

 

それを通して

自分の考えを整理すること

そして何より、自己表現すること

に意義を見出しています。

 

説明を行っている最中

自信の無い箇所が明確になったり

間違えに自分で気付くこともあります。

 

そして、正答となる考え方を説明します。

 

自分の考えを述べた後に「聞く」。

説明を組み立てる過程を実行した直後であり

他の意見を表面的ではなく

より深く

より細かく

吸収することができます。

 

話すこと

聞くこと

の大切さを感じながら

学ぶ。

 

それが、ガロア数学塾の授業です。

 

=================================

メールでのお問い合わせ
garoamath@yahoo.co.jp

お電話でのお問い合わせ
045-718-5519

最近のコメント