2015年 6月

解法が見つからない問題に対して

直ぐに該当解法を調べるのではなく、

自分なりにアイデアを発し、それを試みることが

実力アップの鍵となります。

 

考え、思い付いたときの感動

それを経て習得したものは決して忘れることはありません。

 

解法を考える機会を大切に。

その積み重ねが君に多くをもたらします。

=================================

メールでのお問い合わせ
garoamath@yahoo.co.jp

お電話でのお問い合わせ
045-718-5519

当塾では「考える行為の持続」をテーマの一つとして掲げています。

 

「分からない」→「解き方を教わる」が単調に繰り返されないよう心掛けています。

時には、ヒントを少しずつ与えながらじっくり考える機会を作っています。

 

簡単に答えを得るのではなく、自らの考えで様々なアイデアを試み解法を見つけ出そうとすること。

その過程こそが学習の醍醐味、面白さなのです。

 

そのように学んだ事柄は決して忘れません。

 

授業の中で見極め、その生徒の現時点での持続力を少しずつ伸ばすよう丁寧に進めています。

 

=================================

メールでのお問い合わせ
garoamath@yahoo.co.jp

お電話でのお問い合わせ
045-718-5519

ノートのまとめ方をサポートします。

f1233df0.JPG

 

 

 

 

 

学習の成果を目に見えるよう残すこと

それによって「ヤル気」に差が出ます。

 

適切なノート作りを徹底することにより、

部分と全体を同時に見渡せる能力

構成の把握し、物事を先読みしながら進める能力

が養われます。

 

丁寧なノート作りを

丁寧に指導します。

 

=================================

メールでのお問い合わせ
garoamath@yahoo.co.jp

お電話でのお問い合わせ
045-718-5519

計算問題で解答と違った場合、

すぐに訂正せずに自分の答案をじっくり見ましょう。

 

何処にミスがあるのかを探すのです。

 

なかなか見つからないときもありますが、もう一踏ん張り。

 

その積み重ねによって

自分の間違えやすい箇所を自覚できます。

 

解き進める際の注意の意識が養われます。

 

テスト時の見直しの要領もつかめます。

 

焦らず、1つ1つ丁寧に演習を扱ってみましょう。

 

=================================

メールでのお問い合わせ
garoamath@yahoo.co.jp

お電話でのお問い合わせ
045-718-5519

算数・数学では数字を用いた事柄に目が行ってしまいがちです。

そのため、数字ばかりのノートをよく見かけます。

 

数字は「物事」を分けたり、まとめたり、抽象化したり、具体化したり。

「物事」を認識するための道具です。

その「物事」が何であるかを明確に記しておく必要があります。

 

計算の仕組みを図で理解する

図をヒントに式を立てる

表から計算式を推測する

複数要素の関連性を把握することが非常に大切です。

 

形式だけではなく、内容をしっかり理解するためには

計算を書く、

整式を書く、

表を書く、

図を書く。

内容をかみしめながら書いてみましょう。

その意識が理解を深めます。

=================================

メールでのお問い合わせ
garoamath@yahoo.co.jp

お電話でのお問い合わせ
045-718-5519

例えば、物理での「力」について。

 

「力=質量×加速度」と覚えるのは勿論良いですが、

一定速度(停止状態でも可)で運動している物体の速度を変える、

つまり速度を加える(減らす)には「力」が必要です。

加える速度(加速度)が大きければその分だけ力が要ります。

「力=質量×加速度」とはそれを表しています。

 

また、同じだけ速度を加えるのであっても、その物体の質量が大きい程「力」が要ります。

なので「力=質量×加速度」と乗法で表します。

 

そして、この「質量」と「加速度」以外には「力」の違いを表す要素はありません。

「力=質量×加速度」で十分なのです。

 

単に公式を覚えてそれを用いて演習を解くのではなく、

その公式の成り立ちを理解することが大切です。

同じ演習を解いていても違った世界が見えてきます。

 

=================================

メールでのお問い合わせ
garoamath@yahoo.co.jp

お電話でのお問い合わせ
045-718-5519