2014年 7月

1対1の授業には「対話」があります。

 

「ココが難しくて分からない」

「これができるようになった」

「どういう考えでこの解き方を実行したのか」

「この解き方はどうだろう」

「今日はココまで理解できた」等々、

お互いの考えや意思が活発に行き交う「対話」です。

 

自分の考えを言葉にして表現する、という経験の量が、国語をはじめとした基礎学力を育むと考えています。

 

授業を「受ける」といっても決して受け身にはさせず、言葉を発しながら能動的に学べるよう導きます。

 

ガロア数学塾には、活き活きとした「対話」が溢れています。

 

=================================

メールでのお問い合わせ
garoamath@yahoo.co.jp

お電話でのお問い合わせ
045-718-5519

定理は覚えるものではありません。

 

どのようなことが

どのような考えで

どのように導かれたのか

しっかり捉える。

 

そのようにして「分かった」事柄は

自然と身に付き、自由に活用できるのです。

 

しかも、決して忘れません。

 

少しだけ遠回りして

強固な基盤を築きましょう。

 

=================================

メールでのお問い合わせ
garoamath@yahoo.co.jp

お電話でのお問い合わせ
045-718-5519

ガロア数学塾では常時面談を受け付けております。

 

成績について、

授業での状況について、

今後の学習計画について、

進路について、

家庭での学習状況について、

学校生活について、

等々。

 

当塾で一週間に数時間授業を行い、その中でお子様の普段の状況をできるだけ把握するよう努めておりますが、やはりそれだけでは分からないこともあります。

 

夏休み期間において、より円滑に成績向上が成されるよう工夫していきますので、是非お申し込み下さい。

 

また、お電話での御相談でも構いませんのでよろしくお願いします。

 

=================================

メールでのお問い合わせ
garoamath@yahoo.co.jp

お電話でのお問い合わせ
045-718-5519

継続的に学習へ取り組むためには「考えることへの忍耐力」が必要です。

取り組んだ際には色々思い出したり考えたりしなければなりません。

それを億劫に感じ、手をつけるキッカケを掴めない子が多くいます。

 

思い出せないときのストレス

考えが思い付かないときのストレス

それが頭をよぎり、学習を遠ざけているのです。

 

考えることに耐える

考えてそれを達成する

それを授業内で経験してもらうこと。

 

どの程度考えればよいのか

どの程度思い出そうとすればよいのか

「先」が見えるようにすること。

 

考えることに楽しさを見出すのは個人差があります。

考えた先に何があるのかを体験する。

それが「耐える意欲」につながります。

 

=================================

メールでのお問い合わせ
garoamath@yahoo.co.jp

お電話でのお問い合わせ
045-718-5519