2013年 7月

類似点を見いだし

相違点を見つけて

分類する。

 

そのように

人間は物事を認識しています。

 

覚えることを主としてはいけません。

 

覚える作業にしても

上記した分類過程を経ていなければ

それを使いこなせません。

しかも、すぐに忘れてしまいます。

 

「分ける」は「分かる」の第一歩です。

 

=================================

メールでのお問い合わせ
garoamath@yahoo.co.jp

お電話でのお問い合わせ
045-718-5519

やるべきことを整理する。

何が課題なのか、どうすれば解決するのか、をハッキリさせる。

 

ガロア数学塾では、これまでの授業で書き記してきた指導ファイルをもとに、

生徒の弱点、課題点を授業で扱い、

どこが分からないのかを示し、

再指導を行ってそれを即座に解決しています。

 

その後、それらをフォローする問題を課し、完全に定着するまでを確認します。

 

=================================

メールでのお問い合わせ
garoamath@yahoo.co.jp

お電話でのお問い合わせ
045-718-5519

解法を学び、それを活用して解く

このような要領で、ある程度の成果は残すことができます。

 

しかし、さらに上を目指すには

どうしてその解法を用いるのか

いかにしてその解法を発想するのか

といったことを理解していなければ対応できません。

 

急に点数が下がった、急に単元が分かりにくくなった

といった場合、

学校の進度、試験問題の要求のレベルが上がり

それまでの「解ける」では通用しなくなったことが一因としてあります。

 

単に「解ける」のではなく、

「分かって解ける」のレベルまで

ガロア数学塾は導きます。

 

=================================

メールでのお問い合わせ
garoamath@yahoo.co.jp

お電話でのお問い合わせ
045-718-5519

小中学生を対象に

「夏休み計算道場」と題して

計算力の徹底強化を図っています。

 

授業のない日に登塾、

計算要領の説明を受け

それを活用して1時間程度問題を解き進めます。

 

例年、一夏でかなりのスピードアップ、精度アップが達成されています。

 

暑い夏、

身体と計算のスタミナをつけましょう。

 

尚、授業料は発生しません。

 

=================================

メールでのお問い合わせ
garoamath@yahoo.co.jp

お電話でのお問い合わせ
045-718-5519

夏休みの講習が始まりました。

 

その日、その時、に最も必要な学習箇所は何か?

を毎回一緒に確認しましょう。

目標が定まると「やる気」が増します。

 

そして

その日、その時、に習得する。

課題点を残さず、順調なペースを保って明日につなげましょう。

 

意思をしっかり持った学習を重ねる

そんな毎日を積み重ねていきましょう。

 

=================================

メールでのお問い合わせ
garoamath@yahoo.co.jp

お電話でのお問い合わせ
045-718-5519

ガロア数学塾では、

文章問題対策として国語読解演習を扱っています。

 

<特に国語の苦手な生徒に対して>

例えば、6年生であるから6年生用の教材を、とは考えていません。

解いている文章が本人のレベルと比べ、高過ぎることがよくあります。

そのような問題に対して、国語の苦手な生徒の多くは、最初から「読む」のを諦め、見当をつけて選んだ一部の箇所を頼りに、ただ答を「当てる」ことに終始しているのです。

「何年生であるか」で問題を選ぶのではなく、

「読解可能であるか」に重点を置き、

その生徒に見合った問題を選んでいます。

6年生であっても、3年生程度の問題を扱うこともあります。

国語嫌いな生徒でも、「読めそうだ」と思うと文章全てを「読み」、内容を「了解して」問題に取り組みます。

簡単なのでそれを解いて読解レベルが即座に上がるという効果はありません。

しかし、国語が苦手になる過程で忘れてしまった「読んで理解しよう」とする意思を、もう一度得ることができます。

その意思を維持しながら、少しずつレベルを上げていきます。

 

「大部分が分からない」と思い込んでしまうと、分かる所も見逃してしまいます。

「分からないのは少しだけ」と思うと、それを知りたいと思うものです。

 

「読んで分かった」という経験が、「読んで分かろうとする」意志を育みます。

 

=================================

メールでのお問い合わせ
garoamath@yahoo.co.jp

お電話でのお問い合わせ
045-718-5519

数学検定試験が間近に迫りました。

 

受験者は一層熱のこもった学習を続けています。

 

学校の定期試験を終えた後であっても

これまで学習した事柄を総合的に学び

復習を重ねることによって

揺るぎない実力を獲得しています。

 

「大きな目標」を達成するために

「目の前の目標」を常に意識することは

とても有効的です。

 

今日も明るく元気に学びましょう。

 

=================================

メールでのお問い合わせ
garoamath@yahoo.co.jp

お電話でのお問い合わせ
045-718-5519

夏休み、これまでの学習事項をしっかり復習していきましょう。

 

学校の宿題を進めていく中で、当塾での授業の中で、弱点を見極め克服していきましょう。

 

新しい単元を学び、理解できたと思っていても、次第にその感触は薄まっていきます。

 

一通りではなく同じ道を何度も通ることによって、

間違えやすい曲がり角、注意が必要な小路の箇所を自然と認識することができます。

 

一回通っただけでは見つけられなかった景色を発見することもあります。

 

夏休み、一つ一つの理解を深め、難問にもバテない学力を獲得しましょう。

 

=================================

メールでのお問い合わせ
garoamath@yahoo.co.jp

お電話でのお問い合わせ
045-718-5519

1対1の授業には「対話」があります。

 

「ココが難しくて分からない」

「これができるようになった」

「どういう考えでこの解き方を実行したのか」

「この解き方はどうだろう」

「今日はココまで理解できた」等々、

お互いの考えや意思が活発に行き交う「対話」です。

 

自分の考えを言葉にして表現する、という経験の量が、国語をはじめとした基礎学力を育むと考えています。

 

授業を「受ける」といっても決して受け身にはさせず、言葉を発しながら能動的に学べるよう導きます。

 

ガロア数学塾には、活き活きとした「対話」が溢れています。

 

=================================

メールでのお問い合わせ
garoamath@yahoo.co.jp

お電話でのお問い合わせ
045-718-5519

定理は覚えるものではありません。

 

どのようなことが

どのような考えで

どのように導かれたのか

しっかり捉える。

 

そのようにして「分かった」事柄は

自然と身に付き、自由に活用できるのです。

 

しかも、決して忘れません。

 

少しだけ遠回りして

強固な基盤を築きましょう。

 

=================================

メールでのお問い合わせ
garoamath@yahoo.co.jp

お電話でのお問い合わせ
045-718-5519