2012年 9月

当塾では常時面談を受け付けております。

成績について、

授業での状況について、

今後の学習計画について、

進路について、

家庭での学習状況について、

学校生活について、

等々。

当塾で一週間に数時間授業を行い、その中でお子様の普段の状況をできるだけ把握するよう努めておりますが、それだけでは分からないこともあります。

面談によって得た事柄をもとに、普段の授業をより有効的に進めるよう工夫していきますので、ご遠慮なくお申し込み下さい。

また、お電話での御相談でも構いませんのでよろしくお願いします。

1:無料体験授業をお申し込み下さい

  お電話にて日時を決定します。
  学習状況、部活状況、不得意科目等ありましたらお気軽に御相談下さい。

2:無料体験授業を受講

  不得手な箇所や質問の解説、現時点までの学習チェックを含めて行います。
  授業の内容、教室の雰囲気をご確認下さい。

3:入塾をご検討の上決定

  お子様の学力向上に役立つか、等御家庭で相談の上決定して下さい。
  他の塾の体験授業も受けてみて、最も適した所を選択する方法も一考です。

4:入塾、授業開始

  検討の上、当塾を選択して頂けると光栄です。
  基本となる曜日と時間を決定し、早速通常授業を開始います。
  「分かる喜び」を得てぐんぐん学力を向上させましょう。

*入塾決定まで住所・電話番号等は一切お伺いしません。

1:「分からない」を見つける

指定された演習を進め、分からない箇所・課題点・新規学習事項などを自ら認識します。

今日取り組む箇所を確認し、目標を定めます。

2:1対1の完全個別学習

顔と顔をつき合わせて徹底的に学び、「どのように分かるのか」をつかみます。

受け身で学ぶのではなく、積極的に言葉を発する機会を持ち、「考える習慣」を得ます。

「分かった」という喜びの経験、それが学習内容とともに記憶されます。

3:復習演習で定着させる

直後の復習によって学んだ事柄を確認します。

演習の際、自ら「気付く」ようサポートを受け、「思い出す」経験を重ねます。

自分の頭で思い出し、自分の発想で解きすすめ、自分の考えで解答を完成し、真の実力を
身につけます。

授業や宿題での問題選びに非常に重点を置いています。

 
単元の導入でどの問題を行えば最も基礎が身に付くのか、

課題とする分量をどの程度にすれば定着するのか、

どの位のステップでレベルを上げていくのか、

どの程度のレベルの問題まで解けるようにするのか、

生徒それぞれで大きく異なります。

レベル・アップを図りたいがために無闇に難題を扱うのは逆効果です。

その苦痛から教科全体が嫌いになったり、苦手意識を持つようになってしまいます。

「分かったことを確認しながら新たな解法アイデアを学んでいく」

その生徒にとって最も適した問題に、順序やタイミング良く出会うよう導くことが必要です。

生徒一人ひとりの「背伸びをして届く所」を見極め、

適切なレベルの問題やテキストを慎重に選んで進めています。

分かる、できる、とヤル気が湧きます。

やることによって成果が出た、という体験を

分かった、できた、という体験を

毎日の授業にて提供します。

その体験を携えて、新しいステップへ。

一段、また一段、と。

算数・数学での途中式、国語での文章把握など

学習を進めていく上で「整理力」が大きなウエイトを占めます。

それは

持ち物、机の上などの身の回りの整理から

一日のスケジュール、この先の計画の整理

人から聞いたこと、人に伝えたいことの整理

にも繋がっています。

当塾では、

直接の学習内容以外にも

「考えの整理力」が向上するよう

指摘・修正を図っています。

普段の授業・宿題状況の中で

細かく気を配りながら進めています。

通塾をお考えの皆様に、無料体験授業を実施しております。

お気軽にお問い合わせ下さい。

お電話等で日時を決定し、

「分からない所」「質問」「苦手な所」「現時点の学校進度」等、

ご希望の箇所を指導いたします。

また、「全体的にチェックを行い、弱点を発見・フォローして欲しい」といった御希望も承っております。

当塾独自の家庭的な学習環境を是非一度体験して頂けたら幸いです。

やるべきことを整理する。

何が課題なのか、どうすれば解決するのか、をハッキリさせる。

当塾では、これまでの授業で書き記してきた指導ファイルをもとに、

生徒の弱点、課題点を授業で扱い、

どこが分からないのかを示し、

再指導を行ってそれを即座に解決しています。

そして、それらをフォローする問題を課します。

学習テーマを認識してもらい、

不安の解消を目指し、

意欲を持って勉強できるよう導いています。

数学は「覚える」前に「分かる」ことが大切です。

公式はどうやって導き出されたのか。

何故このような解き方をするのか。

そのアイデアはどのように発想されるのか。

問題の解き方を習得するだけではなく、

そこに至る考え方を学ぶとき、

実力が飛躍的に向上します。

授業で分かった、練習問題も解けた、だけど、テストの点数が伸びない…

普段のノート、テストの答案の他、

問題を解く際のペンの進め方、計算過程、考える様子等、

どのように解いているのかを細かく観ます。

そしてその原因を突き止め、克服プランを組み立て、実行します。

最近のコメント