2012年 8月

うっかりミスの対策、を普段の学習にて重ねましょう。

数学の計算、英単語の綴り、等、ミスした箇所は消さずに残しておきましょう。

その箇所を蛍光ペンでマークしておき、ノートの余白に「直し」を書き込みましょう。

それを繰り返しながら自分がミスし易い箇所を自覚していくのです。

その箇所を通過するときの「小さな注意」が習慣となり、確実性が身に付きます。

「分かった」「理解した」の次にある

「解けた」まで授業にて完了すること。

その先の

「解ける」を定着させること。

答えを「教える」のではなく

「考える」を導き

「できるようにする」こと。

暗記を要する箇所に対しては、

第一に「思い出す機会を多くする」

という構えを持って取り組みましょう。

必死に覚えようとしているのに忘れてしまう、

そのストレスが暗記学習を億劫にさせる原因の一つとなっています。

「どうしても今覚えなくては」と追い込むのではなく、

「ああ、そうだった」という経験を重ねること。

そういう構えで取り組むと、暗記に対して苦手意識が軽減されます。

当塾では、「何度も思い出す」ような学習習慣を得るよう導いています。

最近のコメント